伊勢崎市でコロニアルの瓦が割れてしまったお宅の現場調査と修理


家の棟のところの正面
伊勢崎市にお住まいのお客様から、

屋根を直そうと考えているので見積りをして欲しいとのご依頼がありました。
欠けたコロニアルの瓦の一部
お客様のお宅にお伺いすると、

玄関には割れたコロニアルの瓦の一部が置いてありました。

旦那様が庭に落ちていることに気付いて拾っておいたそうです。

以前にも1階の屋根の瓦の一部が落下して旦那様が応急処置をされたそうです。
コロニアルの瓦の一部が欠けた屋根
さっそく屋根に上がって調査します。

今回のお客様の屋根は大きな片流れの屋根になっています。
コロニアルの瓦のひび割れ
実際に上ってみると、

ところどころコロニアルの瓦にひびが入っていることが確認できました。

ざっと数えてみたところ20~30枚のコロニアルの瓦にひび割れが確認されました。
コロニアル屋根の小さな欠けたところ
また近くで見ないとわからないくらいの

小さなコロニアルの瓦の欠けたところがありました。
コロニアルの瓦の一部が欠けた屋根
そしてこちらが旦那様が落ちていることに気付いた瓦の一部の元のところです。

片流れの屋根の中央部分にて確認することができました。
屋根のコロニアルの瓦の欠けたところを修復中
旦那様の依頼で欠けてしまったところを修復して欲しいとのことでしたので、

玄関にあった欠けたコロニアルの瓦の一部を元のところにコーキングにて接合させていただきました。
片流れの屋根のコロニアルの瓦の一部が欠けたところを修復後
こちらはコーキングにて欠けたところを修理した後になります。

遠目にはわからないような状態になっています。
片流れの屋根のコロニアルの瓦の一部が欠けたところを修復後
さらに上って棟のところも調べました。
浮いた棟板金
少しわかりずらいかもしれませんが、

棟板金が少し浮いてしまっていることがわかりました。

およそ指一本程の浮きです。

群馬県は強風が吹きますので棟板金が飛ばされてしまう方もいらっしゃいます。
屋根のコロニアルの瓦の反り始めているところ
またコロニアルの瓦と瓦の積み重なっているところを横から見てみると、

少しすき間ができていることがわかります。

これはコロニアルの瓦が経年劣化により少しずつ反り始めていることが原因です。

こうした隙間も放置しておくと雨漏りの原因となってゆきます。
棟板金全景
今回のお客様の屋根の棟には換気棟という屋根の熱を逃す棟にはなっておりませんでしたので、

換気棟を付ける見積もりをご提案させていただきました。

また劣化の進んでいるコロニアルの瓦の対策として、

ガルバリウム鋼板にて屋根を覆うカバー工法で提案させていただきました。
今回のお客様は片流れの屋根になっておりますので、

合わせて雪止めも付けることも見積もりに入れさせていただきました。

今回のお客様のように屋根の瓦のひび割れなどが気になっている方は、


同じ工事を行った施工事例

施工事例

安中市で雨漏りのスレートの屋根にカバー工法でガルバリウム鋼板

屋根の谷のところ
屋根雨樋完成谷のところ
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
断熱材有ガルバリウム鋼板、ゴムアスファルトルーフィングシート、水切り板金
築年数
建坪
保証
工事費用
184万円
施工事例

高崎市でガルバリウムカラー鋼板で屋根カバー工法の工事

屋根の塗装が剝がれた状態
屋根カバー工法工事後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
76万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玄関軒天井の塗装が薄くなっている

高崎市のお客様のお宅で玄関の屋根を調査しました。玄関の軒天井はカラーベニヤでできていました。年数もたっていますのでベニヤの表面の塗装が薄くなってしまっています。こちらは内側の方なのでまだ状態は良い方です。

スレートの屋根の家の全景

高崎市のお客様から見積もりの依頼がありました。見積もりをする内容は、屋根と雨樋と玄関の扉と出窓と複数にわたっています。

大棟のところまでガルバリウムカラー鋼板を葺いたところ

安中市で雨漏りが発生したお宅で、既存の屋根の上に屋根をかぶせるカバー工法の工事をしています。前回までに屋根の一番高いところにある大棟まで屋根材としてガルバリウムカラー鋼板を横葺きしました。今回はその続きで、貫板と棟板金を取り付ける作業になり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982