屋根工事コラム


3512ceaa0374e6230d58d1a257cea405

雨どいの工事をする時に雨どいだけを見てませんか。実は、他にも目を向けて欲しいところがあります。それは、雨どいを支える金具がとめられている破風板です。雨どいと共に、雨風にさらされて色もくすんできます。また、裏にある軒天井も見ておくポイントです。雨どいからの水はねなどで、劣化している場合があります。

横から見た家の全景

高崎市のお客様で、2階のベランダで、雨どいから、水がぼたぼたと垂れてくる、とのご相談がありました。確認してみると、雨どいには、複数の配線が張り巡らされていました。配線の重みに加えて、そこに、雨や雪の重みが、加わったことで、雨どいの支持金具に負荷がかかってしまったのが、原因だと考えられます。