オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高崎市で傷んで剥離した屋根材の欠けた粉末が雨樋の中にある屋根


車庫の屋根の傷んだパミール
高崎市のお客様の屋根材が傷んでいるので調査しています。

屋根の上から見ると屋根材は全ての箇所で端の方が崩れているのがわかります。

この屋根材と一緒に当時発売された専用釘は腐食することがわかっていて、

屋根材がずれ下りたりしないようにハウスメーカーの方で新しくビスを打ち直してくれたそうです。
層剥離しているパミール
同じ屋根材を角度を変えて見たところ。

この屋根材はアスベストが使われていないところは評価できるのですが、

その分、耐久性に問題がある商品で、このように端の方の弱ったところから崩れていきます。

まずこのような状態では高圧洗浄したら粉々になるので塗装することは不可能です。
パミールの層剥離の一番激しいところ
そしてこの屋根材を正面から見たところ。

何層にもわたって剥がれ(剥離)が起きてミルフィーユのような状態になってしまっています。

一番剥離のひどいところは欠けて無くなってしまっています。

人が歩けば重みでサクサク割れてしまう状態です。屋根材として機能している状態ではありません。
軒樋の中のパミールの粉末
そして軒先の雨樋の中には大量の屋根材の粉末がたまっています。

屋根材に激しく雨が打ち付けたりして雨水と一緒に雨樋の中へと流れ込んだと思われます。

この傷んだ屋根に雪が積もれば雪の重みで剥離したところがずれ落ちてくると思います。
先の無い雨樋のエルボ
また原因はわかりませんが、2階の屋根から下りてきた雨樋の先がありません。

本当はここから1階の屋根を這う這い樋という雨樋があって、

そこから軒先の雨樋へと雨水が流れる仕組みになっているはずです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高崎市でサビたトタン波板からの張り替えと雨樋の架け替え工事

小屋の波板と雨樋集水器のところ
小屋雨樋完成
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
カラーガルバリウム鋼板波板、ポリカーボネイト波板、軒樋(丸105アイアン)、竪樋(丸塩ビ60Φ)
築年数
建坪
保証
工事費用
179259円
施工事例

高崎市で農機具小屋のトタンの波板をガルバリウムカラー鋼板に

農機具小屋の南側のトタンの波板の錆び
農機具小屋完成
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板波板、ポリカーボネイト波板、棟板金、軒樋、竪樋、集水器
築年数
建坪
保証
工事費用
38万円
施工事例

高崎市で屋根をコロニアルからガルバリウム鋼板に葺き替え工事

コロニアルの屋根の瓦がずれてルーフィングシートが破れて下地の野地板が傷んで穴が開いてしまった状態
棟のところのガルバリウムカラー鋼板
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板、ゴムアスファルトルーフィングシート
築年数
建坪
保証
工事費用
87万円

同じ地域の施工事例

施工事例

高崎市でサビたトタン波板からの張り替えと雨樋の架け替え工事

小屋の波板と雨樋集水器のところ
小屋雨樋完成
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
カラーガルバリウム鋼板波板、ポリカーボネイト波板、軒樋(丸105アイアン)、竪樋(丸塩ビ60Φ)
築年数
建坪
保証
工事費用
179259円
施工事例

高崎市で雨漏りしてるバルコニーのシート防水を部分補修しました

たわんでしまった防水シート
防水シートを部分補修した後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
129800円
施工事例

高崎市のアパートで通路の波板の傘釘のフックボルトの交換作業

アパートのポリカーボネイト製波板の古い傘釘撤去
eec1472900921497b9556f9a20da5561
工事内容
その他の工事
使用素材
ステンレス製フックボルト
築年数
建坪
保証
工事費用
95700円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

小屋波板屋根ねじ止め中

高崎市のお客様が所有されている建物の波板を張り替える作業をしています。使用している波板は、ポリカーボネイト製のものとガルバリウム鋼板のものと2種類を使います。写真は屋根に上がって波板をビスで固定しているところです。使用するのはもちろん波板専...........

小屋の波板と雨樋集水器のところ

こちらは高崎市にお住いのお客様が所有されている建物になります。写真でもわかるようにトタンの波板の屋根になっていますが、トタンの先端、軒先の部分は錆びついてしまって欠けているところもあります。トタンの波板自体が波を打っているような状態です。雨...........

土葺き屋根の側面

安中市のお客様の土葺きの瓦屋根を調査しています。写真はその屋根を横から見た状態になります。土葺きという名の通り、瓦の下には土が葺かれています。ですが、その土も見る限りボロボロの状態になっています。現在では採用されないやり方です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982