安中市で雨漏りをしているお宅の屋根裏と屋根を調べてきました。


玄関の上の屋根
安中市にお住まいのお客様から

家が雨漏りをしているようなので屋根を見てもらえませんか、

とのお話がありました。
玄関天井の雨のシミ
実際にお客様のお宅に伺うと、

玄関の天井に雨漏りによる、

しみの跡が見られました。

お客様はこの天井のシミから家が雨漏りしているとお気づきになられたようです。


玄関天井の雨漏りによるクロスの剥がれ
2階に上がらさせていただき、

近くで玄関の天井を見させていただくと、

天井のクロスは雨漏りにより剝がれてしまっているところがありました。

さらに下地になっている石膏ボードにも雨のしみた跡が見られます。
屋根裏石膏ボードのシミ
こちらは2階の屋根裏に上がらさせてもらった時の写真になります。

石膏ボードのシミの跡が見られます。

雨はこの上から垂れてきていると思われます。
屋根裏谷のところの雨のシミ
こちらは特に屋根裏の中で雨のシミた跡が特に集中して見られたところになります。

おそらく屋根と屋根の間の谷になっているところから雨がしみてきていることが推測されます。

ただこれだけでは断定できませんので屋根に上がって確認します。
屋根の谷のところ
こちらが雨漏りがしているところではないかと推察される、

屋根と屋根の谷になっているところの写真になります。

実際にここに上がらさせてもらい確認作業を行います。
瓦の割れ近景
屋根に上がらさせてもらい気付いたことは

瓦が割れてしまっているところがあるということでした。

こうしたところからも雨がしみてゆく原因になります。
屋根の瓦の割れとずれ
そして問題の屋根と屋根の谷のところですが、

瓦は割れてずれてしまっていることがわかりました。

おそらくここから雨がしみていったのだと思われます。
屋根のすき間の漆喰の剥がれ
他にも雨がしみていく原因になるようなところはないか探してゆきます。

写真は屋根と屋根のすき間を塞ぐはずの漆喰がとれてしまっているところです。

こうしたところも雨の降り方によっては雨がしみてゆく原因になりえます。
棟板金のさび
その他にも屋根全体を見させてもらいましたが、

屋根と屋根とをつなぐ棟板金にもさびが見られました。
今回のお客様の屋根については屋根の瓦自体が年数が経過して傷んでいましたので、

瓦の葺き替えも考えられましたが、

工事代のコストを抑えたいということ

屋根をガルバリウム鋼板で覆うカバー工法にてお見積りさせていただくことになりました。
今回のお客様のように、

家の雨漏りが気になっている方や、

屋根の瓦のずれや割れを直したい方、

屋根のカバー工法に関心のある方は、まずはこちらまでお問い合わせください。

同じ地域の施工事例

施工事例

安中市松井田町で屋根の柱補強や雨どいと棟板金の交換及び塗装

車庫の屋根色褪せ斜め近景
車庫の屋根の塗装完了後の全景
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
使用素材
ガルバリウムカラー鋼板 シリコン系、エボシキ系塗料 丸塩ビ60 丸105アイアン
築年数
建坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

家の西側斜め全景

高崎市にお住まいのお客様からご連絡がありました。屋根が傷んでしまっているので直したいと考えているので見に来てもらいたいという内容のお話でした。

横から見た家の全景

高崎市のお客様から、連絡がありました。内容は、2階のベランダの雨どいを見て欲しい、とのことでした。さっそく伺わせていただき、2階のベランダへと、上がらせて頂きました。