雨どいの工事をする時には破風板や軒天井も見てみましょう。


3512ceaa0374e6230d58d1a257cea405
雨どいが気になっている方に、雨どいだけでなく、見てもらいたいところが、

2ヶ所あります。
雨どい外した状態
まず1つは、破風板です。

雨どいを支える金具が付いている場所です。

雨どいと共に雨風にさらされている木材の部分です。
雨どい外した状態
横からの雨や風から家をまもってくれているだけでなく、

雨どいを支えてくれている大事な場所でもありますので、

雨どいを外した時は、塗装しやすい状態ですので、

家を長持ちさせるために、塗っておくのも、

1つのポイントです。


軒天井
あともう1つ、気にして見てもらいたい場所は、軒天井です。

写真でもおわかりのように、

たいていのお宅は、色がくすんだりしています。

雨どいが傷んでいたり、雨どいの雨水が集まる、集水器のところで、

大雨の時の水しぶきをあびて、傷んでしまっているお宅もあります。
雨どい工事前
雨どいが傷んで傾いてしまっている期間が、長くなればなるほど、

軒天井も雨水のしぶきを同じ期間、浴びています。

天井裏を外部からの雨水や風などから、守ってくれている、

大事なところですので、

日頃から気に止めてみてあげることも良いと思います。
雨どい玄関上
大切な家を守るために、外に露出している部分の木材を、

塗装し直してあげたり、貼り替えてあげたりしておくことも、

家を長持ちさせる1つの方法だと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982