オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高崎市で2階の雨どいに配線工事がされていたお宅がありました。


横から見た家の全景
高崎市のお客様です。雨の日に、2階のベランダの雨どいから、雨水が、ぼたぼたと垂れてくる、とのご相談がありました。
雨どいの支持金具に固定された配線
2階のベランダの雨どいを上からのぞいて見てみると、配線が雨どいの支持金具に固定されていました。支持金具は本来、雨どいと、そこを流れる雨水を支えるものですが、こちらのお宅では、3本分の配線がずっと雨どいに加わり続けています。
屋根の上の配線ボックス
配線をたどって行った先の配線の集まるボックス。こちらのお宅は、通信ケーブル2本と、テレビのアンテナ線1本の重さが雨どいにのしかかった状態でした。
雨どいの中に配線
雨どいの支持金具に配線の重みが加わった上に、積雪などで雪の重みが加われば、重さに耐えかねて、支持金具は切断されることがあります。今回のお客様は、支持金具から、外れた配線が、雨どいの中に入り込み、その重さによって、雨どいの勾配も変わり、なおかつ、配線が雨水の流れをせき止めるような役割をしてしまっている為に、雨水が、たまってしまっている状態でした。
切断された雨どいの支持金具
切断された状態の支持金具です。こうなると、雨どいの勾配がかわるので、雨水のたまる原因になってしまいます。
支持金具をねじで固定した状態
雨どいの勾配を確認しながら、ビスにより、支持金具を固定し直しました。とりあえずの応急処置ですが、お客様には、喜んでいただけたようでしたので、最後に、写真を見ていただきながら、状況を説明させて頂きました。配線は、長くなればなるほど、重さが増しますので、本来、支持金具に持たせるべきものではありません、皆さんのお宅の雨どいに配線が結ばれていないでしょうか、時々、雨どいを注意してみると、良いと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982