オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

前橋市で和室の天井で雨漏りしている瓦屋根の防水シートを調査


雨漏りしている和室天井
前橋市のお客様より、和室天井で雨漏りがしているので雨漏りを直す見積もりをして欲しい、との連絡がありました。

和室の天井の板は一枚がとても長いので張り替える場合は天井裏のホコリ対策も含めて結構大変です。
和室天井の隅の雨漏りのシミ近景
雨漏りしている場合、廻り縁という天井際の木材に雨漏りのシミがあったりしますが、

今回のお客様の場合、雨漏りの跡が天井の隅に集中しています。

シミの具合いから見ると、ある程度の月日が経っていると考えられます。
平屋の瓦屋根
今回のお客様のお宅は平屋の瓦屋根です。

和室のシミの跡から推定して雨漏りの場所を探してみることにします。
瓦屋根の谷のところ
屋根に上がると瓦屋根はかなり年数が経っていることがわかります。

屋根と屋根とが谷になっているところの谷板金はサビてかなり茶色くなっています。

この屋根の谷のところは雨水が集まって流れるので雨漏りの原因になることが多いです。
防水シートのわきに野地板見えている
瓦を剥がしてみると屋根の防水シート(ルーフィングシートと言います)からわずかに下地の野地板が見えています。

瓦の裏に雨水が回り込めばこうしたところから雨水は入ってしまいます。
防水シート破れて野地板が見えている
さらに瓦を外してみると決定的なところが見つかりました。

完全に屋根の防水シート(ルーフィングシート)が切れてしまっていますし、下地の野地板も完全に見えてしまっています。

野地板には屋根裏の熱気を放出するためのすき間を設けてあるのでここから雨水が入っていることは間違いありません。

雨漏りを直すには防水シート(ルーフィングシート)を直さなければなりません。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高崎市の雨漏り屋根に新しい防水シートと棟瓦を耐震棟に積み直し

瓦と瓦桟を全て除去したところ
棟瓦の積み直し完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
改質アスファルトルーフィングシート、水抜き加工瓦桟、漆喰材、耐震棟金具、ステンレス棒
築年数
30年以上経過
建坪
保証
工事費用
320,044円
施工事例

高崎市で雨漏りしてるバルコニーのシート防水を部分補修しました

たわんでしまった防水シート
防水シートを部分補修した後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
129800円
施工事例

安中市で雨漏りする屋根の棟瓦を保険で耐震性を加えて積み直し

雪害で形が崩れた棟瓦
積み直しした棟瓦
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
南蛮漆喰、針金、緊結留め金具、棟金具、被覆鉄筋
築年数
建坪
保証
工事費用
278960円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏りしている2階の和室天井

高崎市のお客様より雨漏りがしているのでみてもらいたいとの連絡がありました。雨漏りが深刻な箇所は2階の和室になります。タンスの上には雨漏り対策用の容器が置いてあります。雨が降れば室内に雨水が落ちてきてしまう状態のようです。

鬼瓦と「のし瓦」の緊結留め金具

高崎市で雨漏りしているお宅の瓦の屋根を直す工事をしています。雨漏りの直接の原因の屋根の防水シート(ルーフィングシート)を新しく張り直しました。今は屋根の頂上からの雨水の侵入を防ぐ役割の棟瓦を積んでいる途中です。瓦のすき間側の雨水の侵入を防ぐ...........

のし瓦四段目まで積み上げたところ

高崎市で雨漏りしている瓦屋根のお宅の修理の工事をしています。屋根の防水シート(ルーフィングシート)を新しくして、今は屋根の頂上を守る棟瓦を積み直す工事をしています。漆喰材を塗っては「のし瓦を」積んで緊結留め金具で固定するという作業を「のし瓦...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982