オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高崎市で瓦がずれている土葺きの日本瓦の屋根を調査しました。


日本瓦の屋根
高崎市のお客様の日本瓦の屋根の調査です。

少し離れて見たところ日本瓦の軒先に付いている雨樋は下の車庫の屋根の途中で取れています。

本来であれば日本瓦の屋根から下の車庫の雨樋へと雨水が流れるようになっているはずです。

ちなみに車庫の屋根を這(は)うように設置されているはずの雨樋を「這い樋」と言います。
日本瓦の割れのコーキングの修復の跡
日本瓦を上から見ると2枚ほど割れていることがわかりました。

原因はわかりませんが割れたところにはコーキング剤が塗られていています。

瓦は針金で引っ掛けて固定している状態になっています。
平瓦を横から見上げて
日本瓦の屋根を横から見ると何だか瓦の並びがいびつな感じになっています。
ずれた平瓦の近景
平瓦はずれてすき間ができていました。
日本瓦の棟瓦近景
そして一番高いところに積まれている棟瓦ですが一番上の冠瓦は良いとして、

一番下と真ん中には平たい形の「のし瓦」をすき間なく積み上げるのですが、

なぜか一番上の載せる冠瓦の丸みの部分を削って積んでいます。

そのためすき間ができて雨水が入るようになっています。
日本瓦の建物側の際の近景
壁際の日本瓦は割られて設置されていました。

割り方が雑なので壁との間にすき間ができています。

雨水が上から流れてくる時にこのすき間に入っていることは間違いありません。
日本瓦の裏の土
屋根の裏側の下地の木は水分は失われ痩せて傷んでいます。

すき間からは瓦の裏側に塗られている粘土が乾燥してボロボロの状態なのが見えます。

日本瓦を葺く時に採用されていた「土葺き」という工法ですが、耐震性がないため現在は採用しません。

この日本瓦の屋根を直すときにはこの薄い下地の板から張り替えないといけません。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高崎市で雪の重みでずれてしまった瓦の修復工事をしました。

ずれてしまった瓦屋根
瓦 積みなおし後の屋根
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
41万

同じ地域の施工事例

施工事例

高崎市の雨漏り屋根に新しい防水シートと棟瓦を耐震棟に積み直し

瓦と瓦桟を全て除去したところ
棟瓦の積み直し完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
改質アスファルトルーフィングシート、水抜き加工瓦桟、漆喰材、耐震棟金具、ステンレス棒
築年数
30年以上経過
建坪
保証
工事費用
320,044円
施工事例

高崎市で釘が取れてバタバタ音がする波板に波板専用のビスで固定

完全に固定する釘が浮いている波板
波板専用のビスを張り付けたところ
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
波板取付ビス
築年数
建坪
保証
工事費用
5500円
施工事例

高崎市で屋根裏のハクビシン対策で外壁すき間にガルバリウム鋼板

トタン波板の下のサビ
トタン波板の上にガルバリウム鋼板
工事内容
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板、忌避剤
築年数
建坪
保証
工事費用
318200円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982