オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高崎市で隅棟の漆喰やケラバ瓦の下の粘土の状態など調査しました


玄関右隅棟
高崎市にお住いのお客様より連絡があり瓦屋根を調査しました。

お話を伺うと、築25年ほどだそうです。この家を建てた業者とは連絡が取れない状態のようです。

かつて地方に転勤で行っていたときに賃貸として人に貸していたそうですが、

その時に雨漏りしたので一度直してはあるようです。
玄関右の隅棟
先ほどの写真の隅棟の漆喰をよく見ると、

ひびが入っていることがわかります。

他の棟の状態も見てみることにします。
一階北東隅棟
隅棟を上から見た状態。

特に雪などの影響で棟が大きく曲がったりしていることはなさそうです。
棟のコーキングの剥がれ
別の角度から見てみると棟の冠瓦のところにコーキングをした形跡がありました。

すでに時が経過してコーキングは切れてしまっています。

おそらく雨漏りしたときに修理業者がしたものでしょうか。
隅棟の劣化した漆喰
隅棟の漆喰はかなり経年劣化しているようです。

平瓦と漆喰との間にはすき間が生じています。
隅棟の漆喰の下のすき間
瓦の下に塗られている粘土が雨水と共に流れ出た形跡が見られます。
隅棟の漆喰のひび割れ
近くで見ると冠瓦の釘が浮いていることがわかります。

釘が打ってあるところの木部が水分を失い、やせてきて釘の穴が広がり浮いてきたのだと思われます。

また漆喰にはひび割れが確認できます。

雨水が入れば、漆喰のすき間から下の粘土が流れてくるようになってしまっていると思われます。
ケラバ瓦
漆喰が塗られている内側の粘土の状態を確認したいのですが、

雨漏りするので棟瓦を外すことはできません。

ただ屋根の端に付いているケラバ瓦のところから確認できそうです。
ケラバ瓦の下の粘土の劣化
ケラバ瓦の下の粘土が見えました。

完全に粘土の水分は飛んで瓦を剥がせばポロポロ崩れるような状態だと思います。

隅棟の下など見えないところの粘土も同じ様な状態だと思われます。

直すときは既存の漆喰や粘土を取り除き、防水性もあって崩れにくい南蛮漆喰で全て塗り直します。

同じ地域の施工事例

施工事例

高崎市で風が吹くとバタバタ音がするトタン屋根の棟板金交換工事

錆びたトタン屋根
ガルバリウム鋼板の棟板金完成
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板、貫板、シーリング剤
築年数
建坪
保証
工事費用
60500円
施工事例

高崎市で風で取れて落下した2階の雨樋の一部をつなぎ直しました

集水器から雨樋の外れた状態
雨樋のつなぎの完成
工事内容
その他の工事
使用素材
塩化ビニル用接着剤
築年数
建坪
保証
工事費用
3300円
施工事例

高崎市で風で取れたカーポートの波板をポリカーボネートで張替え

塩化ビニル製の波板が欠けているところ
ポリカーボネート製の波板でカーポートの屋根張り替え完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ポリカーボネイト製の波板及び波板フック
築年数
建坪
保証
工事費用
327000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

平瓦を棟まで葺き直したところ

高崎市で雨漏りしている瓦屋根のお宅の修理をしています。新しい屋根の防水シート(ルーフィングシート)を張り終えて既存の平瓦を元の位置に葺き直しました。これから屋根の一番高いところの棟瓦を仕上げていく工程に入ります。まずは写真にも見える平瓦と平...........

ベランダの波板

高崎市にお住いのお客様より、高崎市の広報に載っていた、7月1日から受付が始まる高崎市の住環境改善助成事業の助成金を使って、瓦の屋根を直したいと思っているのだけれども、話を聞きたいので、一度見てもらえませんか、との連絡がありました。

隅棟

高崎市のお客様からの連絡がありました。現在築30年ほどの建物なのだそうですが、高崎市の屋根改修工事の補助金で、日本瓦からガルバリウム鋼板の屋根材への葺き替えも考えているとのことでした。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982