オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

伊勢崎市で下屋やバルコニーの壁周りにカバー工法の防水シート


下屋の東の板金剥したところ
伊勢崎市のお客様のお宅でスレートの屋根に板金を葺くカバー工法の工事をしています。

写真は下屋のスレートの屋根です。

これから防水シートを張るのですが、

その際、不要な既存の板金は剥がします。
下屋の東のルーフィングシート
防水シートは軒先から建物側へと、下から上へと重ねながら張っていきます。

使用するのは改質アスファルトルーフィングシートまたは別名ゴムアスファルトルーフィングシートと呼ばれるものです。

合成繊維を含んでいますので破れにくい防水シートです。
下屋の壁際のルーフィングシート貼り付け
雨漏りは屋根と壁との際でも発生しますので、

防水シートは壁際のところで少し立ち上げて張ります。
東のバルコニー周りのルーフィングシート
壁際ということであれば、

今回のお客様のお宅には屋根に接するようにバルコニーの壁が立ち上がっています。

このように屋根と壁とが入り組んだような複雑なところには、

防水シートを切って加工したりして重ねて張り合わせていきます。
西側バルコニーから見た壁周りのルーフィングシート北側
屋根とバルコニーの壁が絡むところを近くで見たところ。

今回のお客様のお宅は実際に雨漏りが発生していますので、

写真のように防水シートを切って立ち上げたりして、

雨水が壁際から侵入するのを防ぎます。
大棟と西棟のルーフィングシート
こうして屋根の一番高いところにある大棟から下屋や壁際まで、

細かいところまで防水シートを張ることができましたので、

この後は板金を張る作業に入ります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

北側通路にアスファルトシングル落下

高崎市のお客様より見積もり依頼のご連絡がありました。屋根はアスファルトシングルが葺かれているとのことです。築13年ほどとのことですが、屋根材のアスファルトシングルが建物北側の通路に落下しているのを確認しました。

年数経過した玄関の庇

高崎市のお客様より、所有している建物の屋根を見て欲しいとの連絡がありました。お客様が気にされてる場所は玄関周りの屋根です。建物自体も年数が経っているようです。木部の塗装がかなり劣化していて剥がれてしまっています。

陸屋根排水口詰まり水たまり泡

高崎市のお客様より屋根に雨水がたまってしまうとの知らせを受けて水たまりの解消に伺いました。お客様の家の屋根は陸屋根になっています。写真は排水口から流れることができずに屋根の上にたまった雨水です。結構な量の水たまりになっていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982