オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

榛東村で台風の後に漆喰が落下していたお宅の屋根を調査しました


家の東側外観
榛東村にお住まいのお客様から屋根の調査依頼がありました。

昨年の台風19号の時に庭に漆喰が落下していることに気づいたそうです。
瓦屋根の大棟を調査しているところ
お客様の希望は普段見られない屋根の一番高いところの大棟がどうなっているのか調べて欲しいとのことでした。
大棟のし瓦のずれ
こちらは大棟の写真になります。

本来は緊結線でしっかりと縛られているはずの平らなのし瓦がたわんだりはみ出したりしています。
大棟の下の平瓦のずれ
大棟の下の平瓦も斜めにずれています。
大棟の漆喰を調査中
そしてお客様が一番気にされている大棟の漆喰を調査します。
大棟の欠落した漆喰
漆喰が欠けて穴が開いていることがわかります。

取れた漆喰の白い細かい破片が平瓦の上に見られます。
漆喰が取れて土が流れている
こちらは漆喰が取れてしまったせいで漆喰の内側に塗られている塗り土までもが流れ出てしまっています。

こうなってしまうと瓦の下の防水シートの状態によっては雨漏りしてきてもおかしくありません。
平瓦外したところ木部に雨染み
心配なので平側を剥がして防水シートの状態を確認します。

状態が悪いと防水シートが切れていたりするのですが、

今回のお客様の場合はそのような状態にはなっていませんでした。
平瓦剥がしたところの木部の雨染み
ただ瓦の下に雨水が入り込んでしまって木部に雨水のしみた跡が見られました。
大棟漆喰が欠けている
全体的に漆喰の状態は思わしくありません。

大棟は、一度すべての棟瓦を取り外して既存の漆喰や塗り土を除去した後に、

すべて南蛮漆喰を塗って棟瓦を積み直しする見積もりをすることになりました。

この工事の現場ブログ

家の東側外観

2020/02/01/ 榛東村で台風の後に漆喰が落下していたお宅の屋根を調査しました

榛東村にお住まいのお客様から屋根の調査依頼がありました。昨年の台風19号の時に庭に漆喰が落下していることに気づいたそうです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高崎市の雨漏り屋根に新しい防水シートと棟瓦を耐震棟に積み直し

瓦と瓦桟を全て除去したところ
棟瓦の積み直し完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
改質アスファルトルーフィングシート、水抜き加工瓦桟、漆喰材、耐震棟金具、ステンレス棒
築年数
30年以上経過
建坪
保証
工事費用
320,044円
施工事例

安中市で雨漏りする屋根の棟瓦を保険で耐震性を加えて積み直し

雪害で形が崩れた棟瓦
積み直しした棟瓦
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
南蛮漆喰、針金、緊結留め金具、棟金具、被覆鉄筋
築年数
建坪
保証
工事費用
278960円
施工事例

高崎市で火災保険を使って棟瓦を耐震性のあるものに積み直し。

棟の漆喰剥がしたところ
大棟の積み直し完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
南蛮漆喰、棟金具、芯材
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
32万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

2階の軒樋

高崎市のお客様より2階の屋根の瓦が何枚か外れてしまっているので見てもらいたいとの連絡がありました。たまたま駐車場から屋根を見たところ気が付いたそうです。

隅棟の漆喰の劣化

高崎市のお客様の瓦の屋根を調査しました。写真は隅棟(すみむね)の下に塗られている漆喰の状態を撮影したものですが年数の経過もあって劣化しているようです。漆喰は用途として防水や棟の瓦の固定などに使われますが、紫外線には強くありませんので写真のよ...........

鬼瓦と「のし瓦」の緊結留め金具

高崎市で雨漏りしているお宅の瓦の屋根を直す工事をしています。雨漏りの直接の原因の屋根の防水シート(ルーフィングシート)を新しく張り直しました。今は屋根の頂上からの雨水の侵入を防ぐ役割の棟瓦を積んでいる途中です。瓦のすき間側の雨水の侵入を防ぐ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982