高崎市で雪害で瓦や雨樋が損傷で火災保険の資料提出用現場調査


雨樋が雪の重みで下がってしまっている
高崎市のお客様で雪害により雨樋や瓦が損傷してしまったお宅で火災保険を使って直す予定なので

保険会社に見積書や写真を提出するための現場の調査をしました。

写真は雪の重みで下に向いてしまった雨樋です。

この下には雨樋からこぼれた雨水を受ける大きなポリバケツが置かれてました。

雪でずれた鬼瓦付近の隅棟をひもで縛っているところ
瓦の異変には旦那様も気付いていたようで1階の隅棟にはひもで結わえた跡がありました。

写真では隅棟ののし瓦がずれてはみ出ているのが確認できます。

隅棟の先端ののし瓦がはみ出ているところ
もっとわかりやすい状態で隅棟ののし瓦がはみ出ているところがありました。

こののし瓦の下には接着剤の役割をする漆喰が塗られているはずなのですがおそらく劣化していて

雪の重みによって形をとどめることができずにずれてしまったのだと思われます。
大棟と隅棟の漆喰が劣化して剝がれているところ
こちらは屋根の一番高いところにある大棟と隅棟をつなぐ漆喰が劣化してしまっているところが確認できます。

黒いものが漆喰ですが劣化してすき間が生じてしまっています。


大棟と隅棟の漆喰がほぼなくなっているところ
こちらは完全に漆喰が取れてしまっています。
雪の重みによる2階の雨樋の変形
こちらは雪の重みで雨樋を支える金具ごと曲ってしまっています。
雪の落下で1階の平瓦が割れてしまっているところ
2階からの凍った雪の塊の落下だと思われます。

1階の平瓦が割れてしまっていました。
2階の唐草瓦が雪でずれて雨樋に覆いかぶさっているところ
雪の重みで瓦全体が下にずれてしまっているようです。

屋根の先端、軒先の唐草瓦が雨樋に覆いかぶさってしまっています。
雪の重みのせいで軒先瓦が雨樋よりはみ出ているところ
下から見上げてみるとよくわかりますが雨樋よりも軒先瓦が前にはみ出してしまっています。

これでは雨樋は屋根の雨水を受け止めることができません。
雪の重みで隅棟の丸瓦が外れているところ
保険が通れば瓦を新しい南蛮漆喰で積み直しします。

雨樋については足場を組んで架け替えます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高崎市で火災保険を使って棟瓦を耐震性のあるものに積み直し。

棟の漆喰剥がしたところ
大棟の積み直し完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
南蛮漆喰、棟金具、芯材
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
32万円
施工事例

高崎市で雨漏りしている瓦屋根に防水シート張りと棟瓦に南蛮漆喰

鬼瓦の裏の漆喰上が取れかかっているところ
鬼瓦の裏の南蛮漆喰
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ゴムアスファルトルーフィングシート、水抜き加工瓦桟、南蛮漆喰
築年数
建坪
保証
工事費用
29万5千円
施工事例

高崎市で積雪などの影響で形が崩れてしまった棟瓦を直しました

崩れた棟瓦
棟瓦処理後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
9.5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

高崎市で風害により自然災害保険で軒天井を張り替えと塗装工事

穴の開いた軒天井
足場の取れた北側軒天井完成
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
ケイカル板、ケイカル有孔板、下地ラワン耐水合板、ビス、コーキング剤
築年数
建坪
保証
工事費用
775000円
施工事例

高崎市の住環境改善助成金を使ってベランダのウレタン防水を補修

経年劣化したベランダのウレタン防水
e961dd3913e3e50a40f85302010ef815-1
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水剤
築年数
建坪
保証
工事費用
94000円
施工事例

高崎市の住環境改善助成金で錆びた波板をケイカル板に張り替え

ベランダの軒裏のケイカル板の排水管周りにコーキングと塗装
ベランダの軒裏にケイカル板を張ってコーキング塗装
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
ケイカル板、下地補強材、塗料、コーキング剤、ビス
築年数
建坪
保証
工事費用
221000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

大棟の棟瓦が歪んでいるところ

高崎市のお客様が保険会社の審査が通り、今回火災保険を使って棟瓦の積み直しをすることになりました。

家の全景

高崎市のお客様のお宅で火災保険を使って、棟の積み直しをすることになりました。

瓦屋根の工事中のトラックと脚立

高崎市の戸建てのアパートの屋根で雨漏りが発生しましたので、今回その修理をすることになりました。