オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高崎市で住環境改善助成事業の対象工事の軒天井の剥がれの調査。


軒樋
高崎市のお客様から、ご連絡がありました。

1階部分の軒天井の修理を考えています、とのことでしたので、

実際に伺ってみることにしました。
玄関上の軒天井の剝がれ
まず玄関の上で軒天井の剝がれがありました。

おそらく剥がれ方からして、

軒天井が、合板のベニヤ板で、

その表面部分が剥がれてきたのだと思われます。
軒天井の剥がれ正面
近くで見た状態。

軒天井2枚分ほどでしょうか、

剥がれて垂れ下がっています。

鼻隠し板も塗装が剥がれてしまってますね。
ケラバ軒天井の剝がれ
玄関から左に目を向けると、

屋根のケラバの軒天井も剥がれていました。

ケラバは建物から出ている分、雨風にさらされやすいです。
大棟下軒天井の穴
正面に回り込んでみると、

こちらは軒天井の剝がれが表面部分だけでなく、

軒天井自体が剥がれてしまって、

穴が開いた状態になっているところもありました。
波板の上の軒天井
さらに回り込んでいくと、

こちらは剥がれてこそいないものの、

軒天井が少したわんだような状態になっているのが見られました。

こちらも建物から出ているケラバなので、雨風にさらされることが多くなります。
波板の上の軒天井
確認のため、波板の上に上がらさせてもらい、

ケラバの軒天井を見てみると、

奥の方で軒天井の表面が剥がれていることがわかりました。
軒天井の剝がれ
さらにお宅の裏に回らさせてもらうと、

やはり軒天井の剝がれが見られ、

軒天井自体も剥がれてしまって、

穴が開いていました。
軒天井の穴
軒天井の穴を放置しておくことは、屋根の劣化を早めることにつながります。

今回のお客様には、高崎市で7月から住環境改善助成事業で助成金の受付が始まったことと、

軒天井は、その対象工事であることをお伝えしました。

今回のお客様のように、軒天井が気になっている方は、まずはこちらまでお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高崎市でサビて穴が開いた1階と2階の板金の軒天井を部分張替え

サビてボロボロの軒天井近景
軒天井1階と2階の張り替え完成
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
152900円
施工事例

高崎市で割れた軒天井の穴から小動物が入らないよう応急修理工事

軒天井の穴
軒天井完成
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
38500円
施工事例

高崎市で表面の剥がれたベニヤ板の軒天井をケイカル板で張り替え

軒天井を剥がしたところ
軒天井完成
工事内容
破風板・軒天部分補修
使用素材
野縁、ケイカル板、ビス、パテ
築年数
建坪
保証
工事費用
16万7024円

同じ地域の施工事例

施工事例

高崎市の雨漏り屋根に新しい防水シートと棟瓦を耐震棟に積み直し

瓦と瓦桟を全て除去したところ
棟瓦の積み直し完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
改質アスファルトルーフィングシート、水抜き加工瓦桟、漆喰材、耐震棟金具、ステンレス棒
築年数
30年以上経過
建坪
保証
工事費用
320,044円
施工事例

高崎市で釘が取れてバタバタ音がする波板に波板専用のビスで固定

完全に固定する釘が浮いている波板
波板専用のビスを張り付けたところ
工事内容
屋根補修工事
その他の工事
使用素材
波板取付ビス
築年数
建坪
保証
工事費用
5500円
施工事例

高崎市で屋根裏のハクビシン対策で外壁すき間にガルバリウム鋼板

トタン波板の下のサビ
トタン波板の上にガルバリウム鋼板
工事内容
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板、忌避剤
築年数
建坪
保証
工事費用
318200円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トタン板の屋根の角の板金のめくれ

藤岡市でお客様の所有されている建物を調査しています。リフォームして人に貸すとのことなので、住む人のことを考えると手すりのサビは直した方が良いですね。屋根の破風板近くの板金がサビで傷んでめくれているのが気になりますね。屋根の傾斜角が結構厳しい...........

軒天井の剝がれと破風板の塗装剥がれ

藤岡市でお客様が所有されている建物を調査しています。写真は建物の北側の屋根のところになります。屋根の側面の破風板(はふいた)は塗られていたはずの塗装が剥がれて木肌が露出していて傷んでいます。群馬は北風が冬場は特に強く吹きますから表からはわか...........

破風板の釘の浮き

藤岡市でお客様が所有されている建物を調査しています。屋根の側面を守るはずの破風板は塗装が無い状態なので腐食しています。写真で見ると雨樋がある面の鼻隠し板との継ぎ目の釘が浮き上がっているのがわかります。これは釘の刺さっている穴が広がっているこ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら高崎店にお問合せ下さい!
8時半~17時半まで受付中!!
0120-198-982